一番失敗が多い避妊方法

2019年07月20日
薬のケースを持っている女性

避妊方法の中でも一番失敗が多いのは、コンドームの破損などです。
使い方を間違えないならばほぼ避妊できるし、性感染症も予防できる利点がありますし、一番避妊しやすい道具でもあります。
しかし、コンドームを装着するタイミング、空気の混入などがあると避妊に失敗する可能性があります。
コンドームを装着するタイミングは、必ず初めから装着しておかなければなりません。
装着する時は、爪をたてたりせずに、空気が中に入らないようにし速やかに装着します。
使用後は、溢れないようにし速やかに外して捨てます。
この一連の流れを的確に行わないと避妊は失敗する可能性が大きくなります。

装着を途中からしたり、コンドームの中に空気が混入していて気付かずに破損していたり、装着時に爪で傷付いているのを気付かずに破損していたりするのも多いです。
一番避妊しやすい反面、一番失敗が多いこともありますので、コンドームひとつだけではなく、コンドームとピルの併用が避妊をより確実に行えます。
今、子供を望まないのであれば確実に避妊をし、人生の計画を狂わせないようにしなければなりません。
今一度、正しい避妊の仕方を確認し、妊娠のリスクがあることを知った上で、性交渉に挑んでほしいものです。